株券を実際に売ってみましょう

■株券を実際に売ってみましょう

株券の買い方がわかれば、次は売り方になります。

何株買ったかを決めたかと思いましたが、今度は何株売るかを決めなくてはいけません。
もうこれ以上は株券の価値が上がらないと思えば全部売ってしまっても構いませんし、まだ価値が上がると思えばとりあえずの枚数を売るのも良いと思います。

利益が出ている時に売るのも大事ですが、損失が出ている時に売るのもとても大事です。これを「損切り」と言います。
損失が出ているが、損失をどれだけ抑えることができるか。
株は利益を上げることも大事ですが、それ以上に損失を抑える損切りのタイミングの方が重要だと言われています。
まだ値段があがる、またはまだ取り返せると思い、株券を売らないという人が多いでしょう。
いかに損失を抑えるか…ゼロにならなければ次の株券を購入し勝負することができます。
手持ちの株券に執着せずに、次の起業へ向かうタイミングも大事だになります。

ではもう1つの売る際に決めることは、いくらで売却するのかです。
これも購入した時と同じで指値と成行があります。

指値注文は売却値段を指定して売る注文方法。
成行注文は売却値段を指定せず、今一番高い値段で購入してくれる人に売る注文方法。

この2つさえ決めればいつでも株券を売却することができますよ。
先程も書きましたが、お気に入りの株券だからと言って執着しすぎるのはあまり良い事ではありません。
それでも名残惜しい場合は全て売らずに少しだけ残しておくことをおすすめします。

copyright(C) できる範囲の投資術